がんの予防と治療におけるサプリメントの位置付け

 がん予防のための食生活は『野菜や果物、豆類、など植物性食品が豊富な食事を行い、動物性脂肪や赤身の肉の取りすぎに注意する』というのがコンセンサスになっています。このような食生活を守ればサプリメントの摂取は不要であるという意見もあります。

 しかし、生体の免疫機能や抗酸化機能ががん顕在化の抑制に作用していることは多くの研究で示されており、免疫機能も体内の酸化防止の能力も20歳台をピークにして加齢とともに徐々に衰えていくという事実から、『抗酸化作用や免疫増強作用を有する食品やサプリメントを積極的に摂取することは、がんの発生予防や再発予防に有益である』と多くの研究者は考えています。
 がん予防においては、活性酸素や発がん物質の害を軽減するもの(抗酸化物質やフェースII解毒酵素誘導物質など)、免疫機能を活性化・増強するもの(ベータグルカンなどの多糖体など)、あるいはがん予防の食生活で推奨されているオメガ3系不飽和脂肪酸を含む魚油、大豆イソフラボン、食物繊維、茶カテキン、乳酸菌などを製品化したものが利用されています。
 また、がん患者さんの多くが、栄養素の不足、体力や免疫機能や抗酸化能の低下、血液循環や消化吸収機能の障害など多くの問題を抱えており、これらの問題を減らすことが、がん治療の効果を高め、再発予防に有用であることは常識的に納得できます。
 がんの標準的治療(手術・抗がん剤・放射線治療)は正常組織の障害や体力や抵抗力の低下を招く欠点があります。手術侵襲によって体力消耗や生体防御能の低下が起こり、消化器系の切除手術では、術後に消化吸収能の障害が残って栄養状態の低下が起こります。抗がん剤や放射線治療は、ともにフリーラジカルを発生し、正常組織の障害も引き起こし、DNA変異を引き起こすため発がん性があり、その結果、抗がん剤や放射線治療の晩期後遺症(副作用)としてがんが発生することもあります。体力や免疫機能の低下はがんの再発や転移のリスクを高め、感染症を引き起こす原因にもなっています。
 このようながんの標準的治療の欠点を補う目的で機能性食品やサプリメントの有用性が支持されています。がんの侵襲的治療による体力や免疫機能の低下を改善するために、栄養素の補充や滋養強壮・免疫増強・抗酸化などの作用を有するサプリメントの適切な使用は、理論的には有用であると考えられます。

口コミ文章

レビューを募集中

評価を発表してください。

ユーザー名 匿名

評価ランク