アガリクス

 免疫力を高める


生アガリクスから抽出したエキスを使って、「抗腫瘍効果」を確認した動物実験を取り上げてみましょう。

【実験内容】
マウスにがん細胞を移植して、その後、生アガリクス抽出エキスまたはエキスを含まない生理食塩水をそれぞれ10匹(各5匹)のマウスに20日間投与しました。がん細胞の移植後13日目に観察してみると、すべてのマウスにがん細胞の増殖が確認されましたが、21日目にがん組織を摘出したところ、生アガリクスを投与したマウスでは、がん細胞の増殖が抑えられて、がん組織が小さいままであり、また、がんが消失したものまであったそうです。

さらに研究を進めたところ、アガリクスエキス成分が、がん細胞を直接死滅させたというより、アガリクスがマウスの免疫力を高めて、それががんの増殖を抑えたということが分かったのです。つまり、アガリクスには、免疫細胞を活性化させる力があるということです。
(この実験結果は、ホクト株式会社と信州大学医学部の共同研究によるものです)

免疫力を高める 

がん細胞の増殖を抑える

アガリクスには、グルコース(またはブドウ糖)を主成分とする「β-(1-3)-グルカン」という多糖体が含まれています。多糖体とは、単糖が多数結合したもので、デンプンやセルロース、グリコーゲンなどもそうです。

アガリクスから抽出した多糖体を、がん細胞を移植したマウスに14日間連続投与した実験では、やはりがんの増殖が抑えられたそうです。
さらに、この実験では、がんが増殖するときにできる新しい血管の形成が抑制されていることがわかりました。がん細胞も栄養がないと増殖できません。アガリクスの多糖体は、がん細胞による血管形成を抑制し、栄養を遮断することで、がんの増殖を抑えたのだそうです(Y.C. Niu et al, Oncology reports 21, 145-152, 2009)。

また、腹水がんという大変増殖が早く、治療の難しいがんがあります。この腹水がんでも、アガリクスの多糖体が増殖を抑えることがわかっています。実験したマウス32匹中19匹でがん細胞の消失が確認され、アガリクス多糖体を投与しなかったマウスに比べ、生存期間が約2倍になったとのことです(H. Ito et al, Agricultural and biological chemistry 54, 2889-2896, 1990)。
これは、驚くべき効果ですね。

抗がん剤の治療効果を向上させる
肺がん細胞の一種を利用して、マウスで肺がんの転移についての実験が行われました。

このとき、アガリクスの抽出液とフルオロウラシル(5-FU)という抗がん剤を一緒に投与したのですが、この併用によって肺がん転移の抑制が確認されたそうです(伊藤ら、第57回日本癌学会総会記事, 1998)。
また、他のがんでも、抗がん剤単独投与・アガリクスの単独投与・抗がん剤とアガリクスの併用投与で比較してみたところ、併用投与されたグループで抗がん剤の効果が最も高かったという報告もあるんです(伊藤ら、第3回日本菌学会国際シンポジウム, 1995)。
それから、アガリクスには抗がん剤や放射線治療によって引き起こされる、免疫力の低下や細網内皮系機能の低下を防止することも知られています(伊藤ら、第57回日本癌学会総会記事, 1998)。細網内皮系機能というのは、古い赤血球や病原菌などを食べて消化してしまう、体がもともともつ防御機能のことです。

がんの治療では、これらの低下を招いてしまうのですが、抗がん剤とアガリクスの併用が、いわゆる抗がん剤の副作用の低減にも効果があるということになるわけですね。

口コミ文章

レビューを募集中

評価を発表してください。

ユーザー名 匿名

評価ランク