座骨神経痛丸

  • 当店価格:5800円
  • ランク別価格: 普通5800円 VIP5220円
  • ブランド:香港金氏薬産
  • クリック数: 5782

購入数量:

合計価格:5800.00

購入 お気に入りに追加 この商品を推奨する

タグ

 

詳細説明

 坐骨神経痛のタイプとその原因

①腰椎と腰椎の間が狭くなって、クッションの役目をする椎間板がはみだしてしまうと、坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛がでます。

特に腰椎4番と5番、5番と仙椎あたりの椎骨がやられやすいのです。上半身の重さが一番かかる所であり、背骨のつけねで動きの負担もかかる所だからです。俗に言う「椎間板ヘルニヤ」による坐骨神経痛です。急性にでると腰や下肢に炎症がでて、はれて痛む、下肢のしびれ、つっぱり、腰痛でて、歩く事も立つこともできなくなることもあります。

②下肢特に下腿の胃経のしびれ、つっぱりがある場合は、おしりの環跳付近のコリが胃経への症状(しびれ、つっぱり)をつくります。

③志室ラインのコリがあるときは、奥の深層筋である大腰筋がこってマヒしてきます。

大腰筋の奥(志室ライン)がこると、そのコリが坐骨を圧迫して、志室ラインの延長上のおしりや下肢(膀胱経中央ライン、膀胱経外側ライン)に痛みやつっぱり、しびれがでてきます。

また左志室ラインがこると、右の腸骨綾の中央付近がこり、その延長線上のおしりや下肢(膀胱経中央、外側、胆経)に痛み、つっぱり、しびれがでることもあります。

④座っていると痛くなるタイプの坐骨神経痛は、仙骨のきわや坐骨のまわりにコリが現れ、下肢(膀胱経中央、大腿部内側の腎経上)にコリのラインがでてきて、そのコリが痛み、つっぱり、しびれてくるのです。

立っていたり歩いているときは大丈夫ですが、座ると、これらの症状がでてくるのがこのタイプの坐骨神経痛の特徴です。


⑤しばらく歩いていると、つっぱって歩けなくなる。しかし、数分間しゃがんでいると歩けるようになるのはいわゆる「間欠性破行」です。

腰椎の4番5番や腰椎と仙椎の1番の間が狭くなり「脊椎間狭窄」が起こると、間欠性破行が現れます。このときもおしりにもコリが現れます。

⑥足底や足指、下腿外側(くるぶしの上方ライン)がしびれる。

大腿や足にしびれやつっぱりがでるのも腰からでる坐骨神経が圧迫されてしびれやつっぱりになっています。

 

塔牌 座骨神経痛丸の成分:赤芍、当帰、桂枝,橄仁

座骨神経痛丸の適用範囲:腰痛、頸痛、坐骨痛、関節痛、めまい、頭痛

座骨神経痛丸の使用方法:毎日2回、毎回2粒。

座骨神経痛丸の規格:60粒

座骨神経痛丸の総代理:香港金氏薬産

口コミ

ある0人の評価が

レビューを募集中

評価を発表してください。

ユーザー名 匿名

評価ランク